Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
四国犬 07秋東京展
今日は秋晴れの東京展。
ミヤコマはエントリー無し、応援隊。



ミヤ:「お父さん(ミヤ生家のお父上)と妹にご挨拶しなきゃ。」
といっても、内弁慶なミヤは体いっぱいで喜びを表現できるタイプでなく
しっぽをふわりふわりと振って「お父さん、お久しぶりです。」と体を寄せて行きます。
  お父さんがいつも笑顔で迎えてくれることが、私にとっても嬉しく感謝です。

 ↓ 妹犬。端正な顔立ちの美人犬です。



 ↓ ミヤ。
    姉妹、まなざし等そっくり。
    似てるのですから当然、四国ビューティー。



 ↓ リンク内で立ち込む妹。 
   リラックスした表情、無理な姿勢も無く適度な緊張感も感じ
   理想的な姿だと思います。




 ↓いとこ犬。
  まだまだやんちゃな「ぼうすガンバレ!(失礼)」ですが、
  なかなか立派で、きっとこれから皆の期待に応えます。



 ↓コマのお友達犬(右)。
  コマが幼稚犬の頃から、出陳欄に名前を並べていました。
  コマ:「はやく帰りたいよね。」
  友:「うん、でもね…がんばらなきゃ。」
  とひそひそ話かな?



  

展覧会、わたしにとっていつも楽しい場所です。
沢山の四国、紀州、甲斐、柴が集まって、
転げまわるような幼犬、眉間にしわを寄せ敵意むき出しの表情、
純朴にご主人を見つめる眼、目を閉じて横たわりながらも起きている耳、等々、
大好きな日本犬の
粗野で素朴な美しさに満ちています。

そして、犬好きたちの犬談義。
これが勉強になることばかりで、参席の機会に感謝です。



  心ない人間の、ひどい厳しい現実にも打ちのめされますが、
  それに関しては思い切り悲しんで、消化して行くしかありません。

私が知る四国犬は、家族(と呼べるか)から
たとえどんな仕打ちを受けていたとしても
ご主人にしっぽを振り、自分が感じる愛を伝えてくれます。

もし飼い主の身勝手なエゴで、お別れ(「処分」)を強要されて、
いつものお出かけのように、お散歩のように、
家を出て二度と戻れなくても、
天国で、きっと家族との再会を待っています。
しっぽを振って、「会いたかった!!」と迎えてくれるはずです。
許されない事をしても、許してくれる絶対的な愛情を切り捨てること、
考えられないことも出来てしまうのが
人間のなのかもしれません。


| tochimiyako | 14:49 | comments(8) | trackbacks(0) |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Sponsored Links

Profile

time

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode