スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
四国犬 ホメオパシー/心の不調に
ここ数日、ミヤの元気が薄らぎ、
病気らしき症状はないけれど、掛かり付け医師に相談。
生活の様子を話し、「軽いウツ」ケアの処方を受けました。

ミヤコマはホメオパシー犬。
大きな外科系の病気に至っていない為、
心身の調整は今の先生とホメオパシー治療に頼っています。
私もホメオパシーに関する短期のクラスを受け、
上辺知識は勉強しましたが、所詮経験値の少ない素人ですから、
早く良い状態にもって行く為、ささいな事も先生に相談しています。
ある意味「迷惑」な患者達です。
すみません、いつも、先生。

さて、都ウツの原因は?

元来、ミヤは気丈な女子で、ベタベタとネコっ可愛がりされるのが苦手。
孤独を愛するわけではないけれど、時に一人の方がくつろぐ様です。
なのに、この頃。
お散歩はいつも三人(ミヤコマミキ)、
元気爆発のコマから「遊んでえっ!!」とアキレス腱やら首もと等を攻撃される事多々。
ホメオパシー医師曰く、
『自分(ミヤ)がコマちゃんに教えた遊び方だから仕方ないのよ、ねぇ、みぃちゃん
(先生はミヤをみぃちゃんと呼びます)。』
更にコマの「わたしが一番に撫でてもらうのぉ!」のやきもちをやわらげるためか、
抱っこやお帰りの挨拶を自分から辞退する傾向も。

綴りながら、ミヤの不憫度が上がります。
そんな最近で、ミヤには楽しい事が少なくなっているのだと思います。
明日から都がのびのび歩けるように、暫くお散歩は一頭づつ別々で出かけます。
 がんばるぞ。



一昨日のお散歩はミヤの希望で遠出の砧公園。
公園前の歩道橋の上で手すりのすき間に顔を入れ、むりやりに景色を眺めるミヤ。
何を考えているの?



コマ(左)も写真に入りたくての、一緒の撮影。
となりにミヤの難しい表情。

人間も、楽しみが少なくなると、気力が失せ、体力もしぼみ、ウツ傾向に入ります。
一緒です。


わたしが犬に生まれるなら、絶対にミヤの子供になりたい。
それほどに母犬として立派です。

滑稽に聞こえる事覚悟で述べると、
ミヤの一歩引いた愛情には尊敬すら感じつつ、
我が家に来て、一緒に生きている事に感謝の日々です。


| tochimiyako | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:06 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Sponsored Links

Profile

time

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode