Page: 2/2  << 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
四国犬 秋の気配
朝早い秋谷の浜。



そろそろ真夏とは違う風を感じます。



ぱん好きのコマ、朝食のくるみぱんを一緒にほおばります。



そして、駆け回る。

帰り道、
家の山が見えると道路がちょっと拡張。
  (屋根のむこうの山を「都山」と呼んでいます。
   事実見える高さの約1/3はミヤのもの。
   土地の境目がよくわかりませんが、わかる必要もありません。
   敷地内から入山口があります。  険しいです。)



広い道路で、帰るぎりぎりまで遊びまくるミヤコマ。



帰れば、てんでにお昼寝ならぬ朝寝。
 … わたしも。

| tochimiyako | 00:03 | comments(1) | trackbacks(0) |
四国犬 小町の背中
ミヤの一番の苦手は雷と花火。
雷轟く荒天のさなか…



ミヤ:「雷恐いわ。」  



小刻みに震える都のあしもとで不満をつのらせる小町の背中。
コマ:「ミヤばっかり抱っこでずるいと思うの。」



そして、正面きっての抗議。



ミヤにかぶさり、更なる抗議。

それでも無抵抗のミヤ。
| tochimiyako | 07:58 | comments(3) | trackbacks(0) |
四国犬 秋谷渓谷の嵐

稲光&雷、そして滝しぶきのような雨にうぐいすの声が響く素敵なお天気。



「お外に出たい。」と切ないコマの背中。



ちょっと無理。
| tochimiyako | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
四国犬 小町と跳ねる虫


お庭でくつろぐ都、突然の笑顔。「ハアッ。」



そして、小町はうつらうつら…のところ、



目線の先にジャンプ系の小さな虫が出現。



左手でパン!
虫はそのちょっと前に無事ジャンプ。



機敏に動いたつもりでも、
後ろ足はくつろいだままの小町らしい動き。
| tochimiyako | 22:23 | comments(4) | trackbacks(0) |
四国犬 小町とウニ
小町:「ビーチでの楽しみ…、それはウニを見つけること。」



小町:「!みつけっ。」



無言の威圧で都からウニを守る小町。
こわばった表情がこわい。



とげの先に肉球を当てないように、ウニの周りを掘りながら上手に動かして行きます。
トゲトゲなスリルを満喫。



やがて、ウニは砂にまぎれて行方不明に。

暫くして諦めがつくと、次のウニを探します。
| tochimiyako | 21:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
四国犬 小町の知恵袋

コマの頭の中:[フローリング、脚がずれて行く…。
だからミキを追いかけておねだりする時は、これが一番。]



コマの小さな発見です。

| tochimiyako | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
四国犬 秋谷海岸編


コマ:「ビーチって楽しい!、楽しい!!、楽しい!!!」
 全速力で走り回るコマ。



ミヤ:「秋谷に来たら山と川が楽しみなのに、今朝も海だわ…。」
 ミヤは裏山散策と川辺の探検が大好き。



ミキ:「山は明日行こうね。川はもう少し夏になってから。」

コマは山も川も苦手。
2歳になった今でも、辛い道のりは必死で「抱っこして」と飛びつきながら訴える有様。
親子といえど正反対な二頭。
それぞれが好きな世界に無理やりでも付き合いながら、
いつの間にか夢中で遊んだり苦手を増やしたり…。

そして、
このふたりの新しい楽しみや発見は、
‘ミキ’の楽しみでもあり、時に驚愕の発見となります。
| tochimiyako | 23:42 | comments(3) | trackbacks(0) |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Sponsored Links

Profile

time

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode